国立研究開発法人産業技術総合研究所【理事長 中鉢良治】(以下「産総研」という)生物プロセス研究部門【研究部門長 田村具博】合成生物工学研究グループ 宮崎健太郎研究グループ長は、北海道大学【総長 名和豊春】大学院理学研究院 北原 圭特任助教らの協力を得て、環境バクテリアの16SリボソーマルRNA(16S rRNA)遺伝子ライブラリーの中から、淋菌感染症治療に用いられる抗生物質のスペクチノマイシンに対して耐性を示す16S rRNA遺伝子を複数発見した。

プレスリリースはこちら