和光純薬工業株式会社、移植した細胞の高感度イメージングが可能な研究用試薬幹細胞標識用超低毒性量子ドット「Fluclair」

(2018.03.20 12:30)

 富士フイルムグループの和光純薬工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:小畠伸三)は、移植した細胞の生体内での動態や組織・臓器への集積状況の高感度イメージングが可能な新たな研究用試薬として、幹細胞 標識用超低毒性量子ドット「Fluclair(フルクレア)」を2018年3月23日より販売を開始します。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「次世代抗体技術の最前線」
    2020年5月22日(金)開催!次世代の抗体医薬を創出するプラットフォームとなり得る最先端技術を、その当事者が詳説。中でも、いま注目は、ラクダ科動物由来の低分子抗体VHHだ。当セミナーで、その可能性を浮き彫りに。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧