名古屋大学大学院工学研究科の石原一彰教授、波多野 学准教授らの研究グループは、金属を含まない有機塩触媒によるカルボン酸エステル(例えば、アルツハイマー病に対する薬理活性を示すビタミンE誘導体やメタクリレートモノマー)
の効率的合成法を開発しました。

プレスリリースはこちら