古川壽亮 医学研究科教授、小川雄右同助教、Andrea Ciprianiオックスフォード大学准教授らの研究グループは、これまで行われてきた第一、第二世代の抗うつ剤同士で効き目と副作用を直接比較した522の臨床試験結果を集め、統計的に処理することで、21種の薬剤の特徴を網羅的に比較・評価しました。

プレスリリースはこちら