松田文彦 医学研究科附属ゲノム医学センター教授、川口喬久 同特定研究員、岡上武 済生会吹田病院名誉院長らの研究グループは、国内に1000万人の患者を有する非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD)の患者902人の全ゲノム関連解析によって疾患関連遺伝子4つを同定し、その遺伝子の組み合わせごとにNAFLDの発症リスク予測を行いました。

プレスリリースはこちら