三井化学アグロ株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:谷和功、以下三井化学アグロ)とBayer AG Crop Science Division(ドイツ・モンハイム、クロップサイエンス部門代表:リアム・コンドン、以下Bayer)は、三井化学アグロが発明した新規殺菌剤キノフメリンのグローバル開発・マーケティングに関するライセンス契約を締結しました。

プレスリリースはこちら