大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:多田 正世、以下「大日本住友製薬」)と日東電工株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:髙﨑 秀雄、以下「Nitto」)は、経皮吸収による統合失調症治療剤として共同開発中の、非定型抗精神病薬「ロナセン」(一般名:ブロナンセリン)テープ製剤(以下「本剤」)の日本でのフェーズ3試験(以下「本試験」)において、主要評価項目を達成するとともに、良好な忍容性を示したという解析結果速報を得ましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら