ヤンセン リサーチ&ディベロップメントは本日、第III相ピボタル試験であるLATITUDE試験のサブグループ解析において、アンドロゲン除去療法(ADT)+アビラテロン酢酸エステル及び低用量プレドニゾン併用療法が(以下、アビラテロン群)、ADT+プラセボ(以下、プラセボ群)と比較して、内分泌療法未治療のハイリスクの予後因子を有する前立腺癌の日本人患者の全生存期間(OS)と画像上の無増悪生存期間(rPFS)を延長させ、良好な臨床的有効性を示したことを発表しました。

プレスリリースはこちら