ヤンセンファーマ、非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象としたアパルタミドの第Ⅲ相SPARTAN試験のデータ - ASCO GU 2018及びThe New England Journal of Medicine誌で公表

(2018.02.13 17:18)

 ジョンソン・エンド・ジョンソングループの医薬品部門であるヤンセンは本日、第III相臨床試験であるSPARTAN試験において、アパルタミド群がプラセボ群と比較してハイリスクの非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者の転移及び死亡のリスクを72%減少、無転移生存期間(MFS:metastasis-free survival)中央値を2年以上延長したことを発表しました。これらの結果は、米・サンフランシスコで開催された全米臨床腫瘍学会泌尿生殖器がんシンポジウム(American Society of Clinical Oncology Genitourinary Cancers Symposium:ASCO GU)2018で発表されました。同時に試験結果がThe New England Journal of Medicine誌に掲載されました。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 新刊「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧