NECは、日本を代表する漆芸家の下出祐太郎氏(下出蒔絵司所三代目・京都産業大学教授)と共同で、伝統工芸の漆器のような漆黒の美しさを持つ漆ブラック調バイオプラスチックを開発しています。今回、その実用化に向け、耐傷性の大幅な向上に成功しました。さらに、漆器表面に描かれる精緻かつ立体感のある蒔絵を高度に再現できる蒔絵調印刷を実現しました。

プレスリリースはこちら