アステラス製薬株式会社は、Pfizer Inc.と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体阻害薬であるエンザルタミドで、非転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象として実施した第 III 相PROSPER 試験において、アンドロゲン除去療法(ADT: androgen deprivation therapy)単独での治療と比較し、ADT とエンザルタミドを併用投与することで、転移および死亡するリスクが統計学的有意に減少したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら