DNA2本鎖を起こしてゲノム編集を誘導する従来法では、編集がうまくいかなかった場合に、DNAの挿入や欠失といった新たな遺伝子変異が発生する危険が高い。本法(SNGD法)を用いることで、ゲノム編集に起因する遺伝子変異の発生頻度を大きく低下させることができる。

プレスリリースはこちら