早稲田大学理工学術院の柴田重信教授と池田裕子一貫性博士課程5年生らの研究グループは、体内時計の食事による同調において新規なメカニズムを発見しました。

プレスリリースはこちら