筑波大学生命環境系国際テニュアトラック助教竹下典男(研究実施時、ドイツのカールスルーエ工科大学応用微生物学科グループリーダー兼任)らの研究グループは、カビが伸びる仕組みを、超解像顕微鏡イメージング技術を用いて解明しました。

プレスリリースはこちら