東北大学大学院 医学系研究科糖尿病代謝内科学分野の山田哲也(やまだてつや)准教授、宗像佑一郎(むなかたゆういちろう)医員、片桐秀樹(かたぎりひでき)教授らのグループは、同医工学研究科病態ナノシステム医工学分野の神崎 展(かんざきまこと)准教授、大阪大学大学院医学系研究科幹細胞制御学分野の宮崎純一(みやざきじゅんいち)教授らとの共同研究により、鼻の嗅覚神経で「におい」を感知することに役立っている「嗅覚受容体」が、ヒトやマウスなどで、膵臓のインスリン分泌細胞(β細胞)にも存在していることを発見しました。さらに、オクタン酸というにおい物質が、この膵臓β細胞にある嗅覚受容体の一つ(Olfr15)によって感知されると、血糖値が高いときにだけインスリン分泌が促進し、血糖値が改善することを明らかにしました。本研究によって、低血糖を起こさずに血糖値を下げる新しい糖尿病治療薬の開発に貢献することが期待されます。

プレスリリースはこちら