安永純一朗ウイルス・再生医科学研究所講師、松岡雅雄熊本大学教授、岩見真吾九州大学准教授らの研究グループは、ヒトT細胞白血病ウイルス1型(HTLV-1)が極めて巧妙な手口により感染を維持していることを明らかにしました。本研究成果は白血病発症機序の解明に繋がるだけでなく、ウイルスタンパク質を標的とした効果的な免疫療法の開発に寄与できるものです。

プレスリリースはこちら