2018年1月16日 ニュージャージー州ケニルワース ― Merck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.(米国とカナダ以外ではMSD)は、抗PD-1抗体KEYTRUDA(ペムブロリズマブ)について、転移性非扁平上皮非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対するペメトレキセド(Alimta)およびシスプラチンまたはカルボプラチンを併用した初回治療を評価した第3相臨床試験KEYNOTE-189において、2つの主要評価項目(全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS))を達成したことを発表しました。

プレスリリースはこちら