京都大学ウイルス・再生医科学研究所の安永純一朗講師、熊本大学大学院生命科学研究部の松岡雅雄教授(京都大学ウイルス・再生医科学研究所、客員教授兼任)、九州大学大学院理学研究院の岩見真吾准教授らの研究グループは、ヒトT細胞白血病ウイルス1型(human T-cell leukemia virus type 1: HTLV-1)が極めて巧妙な手口により感染を維持していることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら