16日、当社の共同研究先である国立研究開発法人理化学研究所(以下「理化学研究所」といいます。)はじめ関係機関より、「滲出型加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液移植に関する臨床研究」において、本計画における症例の一つで網膜浮腫が観察された旨の報告がなされました。

プレスリリースはこちら