ファイザー、ファイザー社のボシュリフ(一般名:ボスチニブ)、米国食品医薬品局(FDA)より初発のフィラデルフィア染色体陽性(Ph+)慢性骨髄性白血病(CML)の治療薬として承認取得

(2018.01.16 13:14)

 ファイザー社は本日、初発の慢性期フィラデルフィア染色体陽性慢性骨髄性白血病(以下、「Ph+ CML」と略記)の成人患者を対象とするボシュリフ(一般名:ボスチニブ)の適応拡大に関する医薬品承認事項変更申請(sNDA)が、米国食品医薬品局(FDA)より承認されたことを発表しました。このsNDAは、分子遺伝学的寛解率と細胞遺伝学的寛解率に基づき、FDAの優先審査および迅速承認プログラムのもとで審査され、承認されました。この適応での承認取得は条件付きであり、今後も進行中の第3相試験の追跡調査を継続した上で、長期的な臨床的有用性を検証することが求められています。ボシュリフは、前治療歴のある成人の慢性期、移行期、または急性転化期のPh+ CML治療薬として、2012年9月に米国で最初に承認されました。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • セミナー「低分子薬で核酸を標的に」
    2018年12月5日開催!核酸を創薬標的とした低分子薬の創薬研究に携わっているベンチャー企業やアカデミアの専門家を迎え、最新の研究開発状況、創薬手法、創薬の課題を考える。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧