大阪大学、タンパク質の見えなかった部分を見る-遺伝子発現スイッチのオンオフ機構を活写する-

(2018.01.15 14:56)

 決まった構造をとらず、常に形を変えていると考えられている天然変性領域と呼ばれるタンパク質領域に、いま世界的に注目が集まっています。その理由は、タンパク質機能を調節している領域の多くがこの「天然変性領域」であるからです。これまで、タンパク質は決まった構造をとって機能を発揮していると考えられてきましたが、「天然変性領域」はこのルールに明らかに反しているように見えます。では決まった構造をとらないにもかかわらず、なぜタンパク質の機能を制御できるのでしょうか。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧