両社は、臨床診断を支援するワークフローソリューションとアプリケーションを提供するため、高度な分析を活用して業界初のデジタルプラットフォームの開発を目指します。このプラットフォームにより、生体情報と検体検査データ、診療記録、標準治療、リアルタイムモニタリングや最新の研究結果といった情報をシームレスに統合・分析することが可能になります。その結果、医師は患者さんに適した治療や質の高いケアを決定するための包括的な支援を得られるようになります。

プレスリリースはこちら