アストラゼネカおよび、アストラゼネカのグローバルバイオ医薬品研究開発部門であるメディミューンは、高用量の吸入ステロイドと長時間作用性β2刺激薬での治療ではコントロール不良の好酸球性重症喘息をもつ成人患者さんに対する追加維持療法として、Fasenra(一般名:ベンラリズマブ(遺伝子組換え)、以下、ベンラリズマブ)が、欧州委員会(EC)から承認を取得したことを1月10日に発表しました。

プレスリリースはこちら