当社は、自社創薬品である RBM-007(抗FGF2アプタマー)を用いた加齢黄斑変性症に対する臨床試験を米国で計画しております。その治験申請(Investigational New DrugApplication、IND 申請)のための会議(Pre-IND Meeting)を、審査当局である米国FDA(Food and Drug Administration)とこの1月26日に実施いたしますので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら