名古屋大学大学院理学研究科の高木 新准教授と高橋めぐみ大学院生(当時・現農林水産省)の研究チームは、線虫の体の移動運動を司る筋細胞の活動を抑えると、摂食器官の運動も停止するという新奇な現象を発見しました。

プレスリリースはこちら