JST戦略的創造研究推進事業において、熊本大学の魏 范研准教授、東京大学の鈴木 勉教授らの研究グループは、機能性アミノ酸の一種であるタウリンがミトコンドリア内外におけるタンパク質の産生と品質維持に重要であり、ミトコンドリア病の発症機構の一端となることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら