中川浩 霊長類研究所研究員(現・University College London研究員)、高田昌彦 同教授、山下俊英大阪大学教授らの研究グループは、サルを用いて脊髄損傷により傷ついた神経の再生を促し、一度失われた霊長類の手指機能を回復促進させる抗体治療に成功しました。

プレスリリースはこちら