名古屋大学大学院理学研究科の田中健太郎教授、河野慎一郎講師らの研究グループは、同大学大学院工学研究科の尾上順教授、中谷真人准教授との共同研究で、世界で最も大きいサイズの孔を持つ液晶性環状分子の開発に成功し、液体の中にナノサイズの空間を形成することに成功しました。

プレスリリースはこちら