齊藤晋医学研究科講師らの研究グループは、親指多指症における筋肉の発達は、親指の大きさや形に関わらず、親指が生じる位置で規則的に決まることを発見しました。

プレスリリースはこちら