佐藤-カールトン綾生命科学研究科研究員、中村-田淵千紘同技術補佐員、シャテラン・ステファン同技術補佐員、内野智樹同技術補佐員、カールトン・ピーター同准教授らの研究グループは、卵子や精子などの生殖細胞を生み出す減数分裂では、SYP-1と呼ばれるタンパク質のリン酸化修飾が染色体DNAの分離に重要であり、このメカニズムこそが正常な卵子の産出を保障することを線虫の実験で明らかにしました。

プレスリリースはこちら