国立大学法人 京都大学、姿勢の悪化と脊柱の柔軟性低下が変形性股関節症の進行に影響

(2017.12.27 16:55)

 建内宏重 医学研究科助教、市橋則明 同教授らの研究グループは、立っている時の脊柱の傾きと脊柱の柔軟性低下が、変形性股関節症の進行に関わる重要な要因であることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧