株式会社トランスジェニック、高効率 CRISPR/Cas9ノックイン法に関する非独占ライセンス契約締結のお知らせ

(2017.12.21 11:22)

 株式会社トランスジェニック(代表取締役社長:福永健司、福岡市)は、高効率 CRISPR/Cas9 ノックイン法に関する特許の日本国内での非独占的使用権について、国立大学法人東京医科歯科大学(学長:吉澤靖之、東京都文京区)とライセンス契約を締結いたしましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • セミナー「異常な蛋白質に対する低分子薬の2つのアプローチ」
    2019年6月7日開催!不安定な標的蛋白質の立体構造を安定化する「シャペロン薬」、ユビキチン・プロテアソーム系を利用して標的蛋白質を分解する「標的蛋白質分解誘導薬」。最新の研究開発状況と、2つのアプローチの棲み分けを解説する。
  • 「日経バイオ年鑑2019」
    この一冊で、バイオ分野すべての動向をフルカバー!製品分野別に、研究開発・事業化の最新動向を具体的に詳説します。これからのR&D戦略立案と将来展望にご活用ください

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧