当社は、平成29年10月31日開示の「平成29年12月期第3四半期決算短信1.当四半期決算に関する定性的情報(1)経営成績に関する説明」に記載の通り、Protein Science Corporation(本社所在地:米国コネチカット州 代表者:デイヴィッド・ロー、以下、「PSC」といいます。)及びその親会社である仏国サノフィ社(本社所在地:仏国パリ、代表者:オリヴィエ・ブランディクール、以下、「サノフィ」といいます。)と締結していた「UMN-0502」(組換えインフルエンザHAワクチン(多価)、以下、「UMN-0502」といいます。)、「UMN-0501」(組換えインフルエンザHAワクチン(H5N1)、以下、「UMN-0501」といいます。)及び「UMN-0901」(組換えインフルエンザHAワクチン(H9N2)、以下、「UMN-0901」といいます。)の日本及び東アジアにおける開発・製造・販売に関するライセンス契約の継続の是非に関する協議を進めておりましたが、今般、平成18年8月22日締結のライセンス契約と関連する諸修正覚書(以下、合せて「本ライセンス契約」といいます。)を解約し、ライセンス関係を解消することで合意いたしましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら