国立大学法人東京大学医科学研究所の中内啓光教授等の研究成果から生まれた、「多能性幹細胞を用いた免疫機能再建法」が、米国に続き日本国内においても平成29年11月15日付で特許登録となりましたのでお知らせいたします。なお、当該特許はブライトパス・バイオ株式会社の連結子会社である、株式会社アドバンスト・イミュノセラピーに独占的実施権を付与して共同研究を実施していることから、国立大学法人東京大学ならびにブライトパス・バイオ株式会社との共同で発表いたします。

プレスリリースはこちら