当社は、がんの体外検査薬として開発を進めているテロメスキャン(OBP-401/OBP-1101)について、順天堂大学 医学部内科学教室・呼吸器内科学講座(以下「順天堂大学」)の十合晋作准教授の研究グループ(主任:高橋和久教授)と、テロメスキャンの実用化を目的とした血中循環がん細胞(Circulating tumor cell: CTC)の検査法開発およびシステム構築のための共同研究契約を締結することを決定しましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら