フランス・パリおよびマサチューセッツ州ケンブリッジ-2017年11月2日-サノフィ(フランス・パリ)のスペシャルティケアグローバルビジネスユニットであるサノフィジェンザイムとRNAi療法をリードする企業のAlnylam Pharmaceuticals社(マサチューセッツ州ケンブリッジ、Nasdaq:ALNY)は、ポリニューロパチーを呈するトランスサイレチン(ATTR)型家族性アミロイドーシスの治療薬として現在開発中の遺伝子干渉(RNAi)治験薬であるpatisiranの、第III相APOLLO試験で得られた肯定的な最終結果を発表しました。

プレスリリースはこちら