大日本住友製薬、ドパミン・ノルエピネフリン再取り込み阻害剤dasotraline(SEP-225289)の注意欠如・多動症(ADHD)を対象としたFDAによる新薬承認申請受理について

(2017.11.14 11:52)

 大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田正世)の米国子会社であるサノビオン・ファーマシューティカルズ・インク(以下「サノビオン社」)は、ドパミン・ノルエピネフリン再取り込み阻害剤 dasotraline(一般名、開発コード:SEP-225289、以下「本剤」)の成人および小児の注意欠如・多動症(ADHD)を対象とした新薬承認申請(NDA)が、このたび米国食品医薬品局(FDA)によって受理されたことを、2017年11月10日(米国東部時間)に発表しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧