ブリストル・マイヤーズ スクイブ社(NYSE:BMY/本社:米国ニューヨーク/CEO:ジョバンニ・カフォリオ)は、未治療の進行または転移性腎細胞がん(RCC)の中および高リスク患者を対象に、オプジーボ(一般名:ニボルマブ)とヤーボイ(一般名:イピリムマブ)の併用療法を標準治療であるスニチニブと比較評価した第III相CheckMate-214試験の新たな探索的解析の結果を発表しました。

プレスリリースはこちら