小野薬品工業株式会社、オプジーボ20mg、100mg点滴静注(一般名:ニボルマブ)台湾において「プラチナ製剤による治療歴を有する再発または転移性頭頸部扁平上皮がん」の効能・効果に関する追加承認を取得

(2017.11.08 10:37)

 小野薬品工業株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:相良暁、以下、当社)は、11月2日に、台湾の現地法人である台灣小野藥品工業股?有限公司(以下、台湾小野)が、ヒト型抗ヒトPD-1(programmed cell death-1)モノクローナル抗体「オプジーボ20mg、100mg点滴静注(一般名:ニボルマブ)」(以下、オプジーボ)について、「プラチナ製剤 による治療中または治療後に病勢進行が認められた再発または転移性頭頸部扁平上皮がん」の 効能・効果に関する追加承認を台湾食品薬物管理局(TFDA)から取得しましたのでお知らせします。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 新刊「世界の創薬パイプライン2018/2019」
    2018年7月31日発行!海外ベンチャーの創薬プロジェクトを大幅拡充。自社の研究テーマと関連するパイプラインの動向、創薬研究の方向性や競争力、開発状況の他社比較に有益なデータとして、自らのポジショニングを確認できます。
  • 「日経バイオ年鑑2018」
    最新データからわかる、バイオ分野の[開発][市場][産業]動向。バイオ事業戦略の頼れる味方。自社のR&D戦略を描くために、マクロな視点で将来を展望する一冊です。
  • セミナー「創薬R&Dにおける新たな試み」
    2018年9月21日開催!創薬R&Dにおける新たな試みをテーマとし、これからの研究開発者にとって「創薬研究に役立つヒント」を提供。第一三共、大日本住友製薬、アクセリード ドラッグディスカバリーパートナーズのキーパ-ソンが提言。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧