東京工業大学 生命理工学院の安藤和則大学院生(博士後期課程)と川上厚志准教授らの研究グループは、ゼブラフィッシュを用いて、骨の再生や維持(新生)のキーとなる骨芽細胞の前駆細胞(骨芽前駆細胞(OPC))を発見、その働きを解明した。

プレスリリースはこちら