国立研究開発法人産業技術総合研究所、凝集化するタンパク質1分子の励起運動を初観察!

(2017.11.06 12:34)

 生体内タンパク質分子の異常凝集として有名なアミロイドーシスは、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経系疾患から、II型糖尿病などの内分泌疾患、プリオン病など20種類以上に及ぶ疾患との関係が議論されています。

プレスリリースはこちら

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧