大日本住友製薬株式会社、2型糖尿病治療剤の候補化合物Imegliminに関する日本・中国を含むアジア13カ国における開発・販売提携のお知らせ

(2017.10.31 10:04)

 大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市、社長:多田正世)は、本日(10月30日)、Poxel SA(本社:フランス リヨン、CEO:Thomas Kuhn、以下「Poxel社」)が2型糖尿病治療剤として開発中の「Imeglimin」(一般名、以下「本剤」)の日本、中国、韓国、台湾および東南アジア9カ国を対象とした開発・販売提携契約を締結しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら

日経バイオテク お薦めの専門書籍・セミナー

  • 最新刊「バイオベンチャー大全 2019-2020」
    日本発の将来有望なシーズを実用化・事業化へつなぐ、未上場ベンチャー267社の詳細リポート集!提携先を求める製薬企業や、投資先を探るベンチャーキャピタルにとって、バイオベンチャーの企業価値、コア技術の展望を見通すために有益です。

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧