理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター細胞生産研究チームの野田修平基礎科学特別研究員、白井智量副チームリーダー、近藤昭彦チームリーダーらの研究チームは、大腸菌を菌体触媒とすることで、汎用化成品原料であるマレイン酸をバイオマス資源由来原料から合成することに成功しました。

プレスリリースはこちら