理化学研究所(理研)生命システム研究センター生体分子構造動態研究チームの木川隆則チームリーダー、猪股晃介研究員、首都大学東京大学院理工学研究科の伊藤隆教授らの共同研究チームは、「in-cell NMR実験用培地供給システム」における細胞試料調製法を改良し、細胞の健全性の違いが細胞内で活動する酵素タンパク質の構造状態に大きな影響を与えることを、原子レベルで解明しました。

プレスリリースはこちら