理化学研究所(理研)統合生命医科学研究センターヒト疾患モデル研究グループの石川文彦グループディレクターらの国際共同研究グループは、「ヒト化マウス」を用いて、急性骨髄性白血病の一部症例において、発症に関わる遺伝子「FLT3」の異常と治療抵抗性に関わる遺伝子「BCL-2」を突き止め、その二つの遺伝子を手がかりに根治を実現する治療法を開発しました。

プレスリリースはこちら