当社は、独自の血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo」を適用した、JR-141(血液脳関門通過型ハンター症候群治療酵素製剤)、JR-162(J-Brain Cargo適用ポンペ病治療酵素製剤)に続く新薬の第3弾として、ハーラー症候群治療酵素製剤(開発番号:JR-171(血液脳関門通過型遺伝子組換えα-L-イズロニダーゼ))の開発に着手することを本日決定しましたのでお知らせいたします。

プレスリリースはこちら