光でタンパク質を操作する手法は「光遺伝学」と呼ばれており、神経科学の分野で特に発展してきています。光遺伝学の対象は神経科学だけでなく、細胞内で起こる化学反応とそれによる情報伝達、つまり細胞内シグナル伝達系にも対象が広がってきています。これまでの細胞内シグナル伝達系の光遺伝学的手法では、紫外光、または青色光などの短波長の光を用いるものが主流でした。例外的に、赤色光/近赤外光を利用するフィトクロムB(Phytochrome B, PhyB)システムが報告されていましたが、このシステムを使うには、動物細胞には存在しない光合成色素フィコシアノビリン(PCB)と呼ばれる発色団を外部から添加する必要があり、このステップがPhyBシステムの利用を大きく妨げていました。

プレスリリースはこちら