R-Spondin1と呼ばれる腸の粘膜の細胞を増殖させるタンパク質が、腸内で高い殺菌作用をもつα-ディフェンシン(抗菌ペプチド)を分泌するパネト細胞を増殖させることを発見しました。R-Spondin1の投与によって、骨髄移植後の抗菌ペプチド量の低下を改善し、腸内細菌叢の異常を予防することができました。腸内細菌叢の異常の予防効果は、抗菌ペプチドであるα-ディフェンシンの経口投与によっても発揮されました。R-Spondin1やα-ディフェンシン投与による腸内細菌叢の異常の治療は、腸内細菌叢の異常が関連する様々な疾患の新しい治療アプローチとして期待されます。

プレスリリースはこちら