神戸大学大学院農学研究科の橋本佳奈子さん、木村行宏助教、大野隆名誉教授と茨城大学、神奈川大学を中心とした研究グループは、近赤外光を有効活用する光合成細菌のキメラ複合体発現系の構築およびその特性解析を行い、エネルギー勾配を遡って低い光エネルギーを高いエネルギーに変換する分子機構の一端を明らかにしました。将来的には、近赤外光を用いた人工光合成システムへの応用が期待されます。

プレスリリースはこちら