岡山大学 大学院環境生命科学研究科(農)の能年義輝准教授と理化学研究所 環境資源科学研究センターの香西雄介基礎科学特別研究員、持田恵一チームリーダーらの共同研究グループは、作物病害である紋枯病(もんがれびょう)に対し、植物が植物ホルモンの一つであるサリチル酸を介した免疫機構によって抵抗性を発揮する能力を持つことを突き止めました。本研究成果は英国時間10月19日、英国のオンライン科学雑誌「New Phytologist」に掲載されます。

プレスリリースはこちら